看護師転職の情報を集めてもらえる、日程調整をしてもらえる、条件交渉をしてもらえる、面接に同行してもらえるなどたくさんあります。

最近の看護師転職事情で人気のあるのは日勤のみの病院、クリニック等

毎年、看護師国家試験に合格して看護師となれる方は4万人から5万人いるようです。

これら新人ナースに加えて、看護師の仕事をしていて様々な事情により離職し、また再就職したいと思っている潜在看護師も何万人といるようです。

それで看護師の就職は、近年難しくなっているのが現状です。

この潜在看護師ですが、最近では10人に一人の割合で離職しているようですが、年々離職率は低下しています。

というのも、看護師の職場環境が以前よりも改善されていたり、また教育体制の整備が整ってきていることがその理由となっているようです。

ですから、潜在看護師が再就職、または転職がしやすい状況にはなってきています。

看護師の復職や転職ですが、看護協会が看護師復職支援セミナーを開催したり、病院側でも積極的に潜在看護師復職支援に取り組んでいる所もあります。

看護師が再就職する仕事先に人気なのが、病院やクリニックなどの医療機関です。

ここですと給料は少し安くても、夜勤がなく日勤だけの勤務が可能なので、子供がいる方などから人気となっています。

また訪問看護ステーションや福祉施設、そして介護施設なども注目されている職場です。

看護師が就職するのに大事な資料に、履歴書があります。

特に履歴書の志望動機の欄は、きちんと書くようにしましょう。

今までの職場で身につけたことを今後どう生かしたいか、また今後どんな看護をしていきたいかなどを書きます。

また面接では必ず、離職した理由や転職しようと思った理由について聞かれますので、履歴書に書いてあることをきちん自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

履歴書の書き方については、「http://www.ecuaodontologos.com/」が参考になります。